私ナナとティナとのエロエロキャットファイト。最初は一進一退の緊張あふれる試合展開になったのだけど、グランドに展開すると徐々にティナのペースにはまってしまった私。ティナの物凄いエロテクニックに徐々に感じてしまった私は成すすべもなくティナのオモチャにされてしんまったの。ティナの長くてしなやかな指、ティナの柔らかい舌に、私は潮を吹きまくって逝ってしまった。もうマットは私の潮で水びたし。ティナはそれを楽しみかのように遂に得意にペニバンで私のおまんこを貫き通した。あああぁ、もうどうにでもしてぇ!