【お知らせ】このたび、本作品のリリースに伴い、先行作品・官能絵巻「義賊の女-公開処刑-」をすでにご購入済みの方にお知らせがございます。いま一度、官能絵巻版の作品ページをご覧いただき、ご確認くださいますようお願い申し上げます。【作品形式】・まんが・全99頁・フルカラー・横720×縦960ピクセル※本作品は、アドベンチャーゲーム形式のビジュアルノベルとして発表された官能絵巻「義賊の女-公開処刑-」(2016年2月)を漫画として再構成したものです。内容は、同作品と同じですが、漫画としての構成上、若干のセリフやカットの違いがあります。【あらすじ】中世ヨーロッパその地方の農民たちは、強欲な領主による重税によって貧しい生活を強いられていた。そこに突如として現れた「マルス」と名乗る盗賊団は、領主の穀物倉を襲っては、食料を農民たちに分け与えていた。義賊・マルスに手を焼く領主。そこに、賞金稼ぎを生業とする男・ベッグが現れる。「首尾よくマルスを捕らえましたら、領主さまの参謀として召し抱えていただきたい」「よかろう」ベッグの罠に落ちるマルス。こうして捕らえられたマルスの首領は、美しい女であった。首領の首を即刻刎ねよ、と息巻いていた領主も、その姿を見るや、考えを変えた。「すぐに殺してしまうのも、惜しいのう。なにか、よい手立てはないか?」「領主さま、わたくしにお任せください」領主の淫靡な目論見を叶えるべく、ベッグは、マルスの首領を「公開処刑」とする。だが、その真意とは?【章立て】第1章強欲な領主と賞金稼ぎ第2章義賊たちの躓き第3章囚われた女首領第4章牢番の男たち第5章磔台へ第6章街の男たち第7章我慢の限界第8章裏切りの犬第9章四匹の虫たち第10章魂の殺人