息子と母漫画 熟母漫画 艶母漫画 親友の母漫画 友達の母漫画 友人の母漫画 姉母漫画 友母漫画 14歳の母漫画 義理の母漫画 日曜日、僕は用事があったので外出していた。目的の新作ゲームが手に入り、気分が良かったのに、数分後には最悪な気分になってしまった…。『今日は折角の日曜日なんだし、家でゆっくりするわ。』そう言っていたお母さんがお店から出るといて、後をつけてみたらマンションの一室に入っていった。出迎えたのは一人の少年で、僕にはその子に見覚えがあった。以前見たことのある、お母さんとその少年の破廉恥な動画に映っていた少年だ…。僕はその場を離れて近くの公園のベンチに腰を掛けた。しばらくの間、ぼーっとしていたが、お母さんがするのなら、僕だってする!というわけで、誰かのお母さんを呼んでみた。